beautiful woman with smartphone

人類とぶどうの歴史

a woman using smartphone

ぶどうはスーパーマーケットでも手軽に販売されているため、私たちにとって身近なフルーツのひとつと言えるでしょう。しかし、近年は品種改良が盛んに行われているため、さまざまな色やサイズのぶどうが登場しています。そのため、貴重な品種の購入はインターネット通販などを利用しましょう。ぶどうは私たち人類にとって非常に身近なフルーツで、紀元前3000年ごろから栽培が行われていたとされています。特にコーカサス地方やカスピ海沿岸で盛んに栽培が行われていました。そして、古代エジプトではワインの製造も行われていたのです。その後、中国やアメリカでも栽培されるようになっており、明治時代になると日本でも栽培が行われるようになりました。

ぶどうは世界中で食べられているフルーツですが、ヨーロッパでは畑のミルクと呼ばれるほど人気があります。特にブドウ糖と果糖が含まれていますが、これらは直接エネルギーとして働きますので疲労回復の効果があるのです。さらに、ブドウ糖は脳のエネルギー源にもなりますので、勉強に忙しい学生や仕事に追われるビジネスマンにも向いています。また、ぶどうの皮の部分にはポリフェノールの一種であるアントシアニンが含まれており、これには抗酸化作用や悪玉コレステロールの抑制などの効果があるのです。そのため、美容に関心の高い女性にも人気のフルーツとなっています。そのほか、デラウェアなどにはレスベラトロールという成分が含まれており、アレルギーを抑える効果があるのです。